• Facebook Round
  • Twitter Round

© 2023 by REMI FILMS. Proudly created with Wix.com

映像工房NOBU主催:内田伸輝監督講師 映像演技ワークショップ

内田伸輝監督による映像演技ワークショップを定期的に開催しています

次回WSはコロナウイルス感染防止に伴い延期にしました。詳細はこちらをクリックしてください。

どんなWSをやっているのか、なぜ、定期的に開催するのか。

私たちのWSは受講日だけでは終わらせません。アフターケアも!

なぜなら、WSで絶対に’’何か’’を持ち帰って欲しいからです。

WSを定期的に行う理由は下記にあります。

☆WSを定期的に開催する理由とは?

俳優の方々との出会い!

私たちは常に俳優の方々との出会いを求めています。たくさんの俳優の方との出会いを通して、演技を見ること、お互いに刺激しあい、演技の質を高めること。そして、映画製作の現場では、監督・スタッフと俳優としての立場だけでなく、人と人とのコミュニケーションを大事にしたいと思っています。

WSの場だけでなく、映画作りに於いても末長くお付き合いできるよう、沢山の俳優の方々との出会いを大事にしたいので、定期的にWSを続けています。

 

☆WS内容は?

WSレッスンでは、監督が一人一人と向き合って、演技を通して感じた事をコメントします。

監督からの一方的なお話にならないよう、俳優の方の想いを聞きながら、コミュニケーションを大事に行うよう努めています。

少人数制ですので、演技を行う回数を多めに時間を調整しています。

また、映画を通して見る演技の講義や撮影時に於ける演技の気をつける点など、今度も新たな試みにもチャレンジしていきます。

 

☆WSを受けるメリット

監督からの感想と最終日に撮影しました演技の動画を後日贈呈します!

演技についての感想をとても細かく書くように努めています。

受講する日数にもよりますが、3日間受講された方はおおよそ2~3ページ分の感想を書いています。

WSを受けた日だけで終わらせずに、演技を振り返る事ができます。

最終日も受けた場合は動画もありますので、動画と併せて、監督からの演技についての感想を照らし合わせてみると、更に解りやすいと思います。

また、演技についてのご質問やご相談も随時お受けしています。

 

 

 

 

〜〜WS受講された方々のご感想〜〜

WS受講が不安な方、迷われている方、弊社WSを受講された方々のご感想をご覧ください。

良いとこ取りではなく、掲載OKを頂きました全てのご感想を掲載しています。

第7回WSより

今回も凄く面白かったです。名作映画紹介、カメラのフレーム内にどこまでおさまるか、俳優の動き方。何より、内田さんの演出で役者の芝居がどんどん良くなっていく事に、2回目にして新たに発見し感動しました。

~動画撮影しながらのレッスンについて~

自分は今まで、カメラマンの方に助けられ、良い画を抜いていてくれたんだなと気づきました。

自分でカメラの映り方、動き方を分かっていると思っていましたが、それでもやはり、微妙な映りが勉強になりました。

(男性、30代)

 

集中力と物語、役への入り込み方について、より考えたWSでした。

日々の生活の中でも、それを高める取り組みをしたいと思いました。

このWS自体で、自分のテンションや集中力のコントロール方法を知り、試す事が出来て助かっています。

~動画撮影しながらのレッスンについて~

現場で必要な意識を知ることが出来て良かったです。

自分は現場の経験が少ない+現場でも流れてしまう事が多いので、制限の中で自分がどう動くべきか、訓練できてとても良かったです。またお願いしたいです。

(女性、30代)

 

演出付きのワークショップは自分の欠点をすぐに教えてくださるので、自分を見つめ直すことができて助かります。

~動画撮影しながらのレッスンについて~

実際の現場の感覚でやれるので良いと思います。

(男性、20代)

 

凄く充実したWSでした。色々な映画を見ながらの解説も興味深かったです。

そして、何より動画撮影しながらがとても良かったです。

現場に近い感覚でカット割りやシーンの途中からやれる事が勉強になりました。公開演出やりたかったです!!

~動画撮影しながらのレッスンについて~

カットのかかった後に映像を見ながらアドバイスをもらえたのがとても良かったです!!

自分で確認する事でとてもわかりやすかったです。

(女性、40代)

 

初めての映像での演技だったので、とても新しい体験ができたと思いました。

作品の映像を見て、役者の目やカットなどを説明してくださり、作品の見方が変わってきたと思います。

~動画撮影しながらのレッスンについて~

実際にやって身長差やカメラを意識してやるのは難しかったです。

自分の課題がまた一つわかったと思います。

(男性、20代)

 

今回初めてカメラの位置や撮り方なども勉強になりました。

そこで改めてシーンの繋ぎなどとかの話から、役になりきる事や集中力の大切さに気づきました。(小手先の技術というよりは)

~動画撮影しながらのレッスンについて~

やった後すぐFBを頂く通常の場合より、実際に映像を見ながら、ここのこの部分が、と、自分も自分の表情を見ながらFBを聞ける事でとても学びが多かったです。

(女性、20代)

 

今まで参加した中で今回が一番疲れました(笑)

感情で動くと先が全く読めなくて、本能で動けている気がしました。

頭をカラッポにして相手とのやり取りの中で生まれるものを楽しむ。この感覚をこれからしっかり大切にしていこうと思います。

(女性、30代)

 

念願の公開演出を受ける事が出来て満足です。

とても疲れましたけど。

~動画撮影しながらのレッスンについて~

実際に必要な事がいっぱいあるので、とても良かったです。

当たり前ですが、制約があるって難しいですね。

(男性、40代)

 

何から書いていいのか分からないくらい、沢山沢山刺激と学びがありました。

本当にありがとうございました。

(女性、30代)

 

課題が沢山見つかりました。

怒りが苦手な感情なので、そこに向き合えて良かったです。

2日間だったけど、有意義だったので、次はフルで参加したいです。

(女性、20代)

 

~動画撮影しながらのレッスンについて~

とても良かったです。カメラ前に立つ事で、やはり意識するものが違うので、とても勉強になりました。またやりたいです。

(男性、40代)

 

カメラの前で演技できる数少ないWSなので参加できて良かったです。

リハと本番があるので現場を経験した様な充実感を味わえました。

ありがとうございました。後日のコメントも楽しみにしています。宜しくお願いします。

(女性、40代)

 

今までは台本に囚われていた感じました。今回のWSで、その通りに言わなきゃという概念が取れて、何事にも熱量を持って取り組むのが大事というのがわかった。

~動画撮影しながらのレッスンについて~

久しく現場に行ってないので、カメラがあると空間を確かめる為、自分を客観的に見ようとする事が出来た。自分を客観視する事の大切さを実感しました。

(男性、30代)

 

今までの自分にない概念が生まれました。

(女性、20代)

 

シーンの途中からテンションを上げるのが、とても勉強になった。

~動画撮影しながらのレッスンについて~

位置を意識する難しさを知りました。もっと経験したい。

(女性、30代)

 

眼についてのお話。今後とても使えそうな気がします。ありがとうございました。

~動画撮影しながらのレッスンについて~

演劇の経験が多く、途中から演じるのが新鮮でした。

(男性、30代)

第6回WSより

久しぶりに参加する事が出来て嬉しかったです。そして、楽しかったです。

集中が上がるとその時間がより楽しく感じられた、という変化を感じられました。

些細な事で(些細な事だからこそ?)その世界に没頭できるので、そういうヒントというかスイッチ、きっかけのようなものを今後見つけながらやっていきたいと思いました。

(女性、30代)

 

自己紹介だけで時間稼ぎ?をするWSが割とある中で、このWSはちゃんと参加者の立場に立って考えてくれているので、好感を持ちました。

アドバイスも真剣さが伝わってきました。

(男性、40代)

 

フィードバック頂いてもどこまで変えられたか不安というか、あまり上手く出来なくて、最後の公開演出を私もやってみたかったです。

凄く本格的な機材で撮って頂いて、初めてでワクワクしました。

(女性、20代)

 

細かく自分の芝居の良い点や悪い点を言ってくれて、凹む反面、もっと良い役者になってやろうと思わせてくれました。

深くなおかつ広い面の演技論も教えて頂き、凄く広いなと思いました。

いつかご一緒にお仕事出来るように頑張ります。

(男性、20代)

 

演劇と映像の演技の違いを具体的に教えて頂けて、何となくでも理解出来たことが今回の大きな収穫だったなと思います。

また参加したいです。ありがとうございました。

(女性、20代)

 

参加するのは2回目ですが、変なプレッシャーなどなく、良い緊張感で楽しくできました。

やはり最終日にカメラを回してくれて、後日自分の演技を観れるのが良いと思います。

(男性、40代)

 

終始、緊張しっぱなしで、あまり記憶がないのですが、トライ&エラーがきちんとあって良かったです。

(女性、40代)

 

初めてで緊張しましたが、勉強になりました。

また来たいです。

感情の流れがもっとスムーズにできるようになりたいです。

(女性、20代)

 

とても面白かったです。

毎回余計な演技をしている事を実感します。

それを常に始めから演れるように早くなりたいです。

(男性、40代)

 

今回は1日目と3日目参加させて頂きました。

1日目に公開演出を受けさせて頂きましたが、監督のちりめん返しに、こだわりのある方だなと改めて思いました。次回は3日間参加したいと思います。

(女性、30代)

 

 

第5回WSより

今の自分に足りないものは何なのか、わかりやすく丁寧にご教授して頂き、とても勉強になりました。また、実際の作品を使っての解説もとてもわかりやすくて、もっと多くの作品に触れ、研究していこうという気持ちがより高まりました。

(女性、20代)

 

内田監督の演出術、非常に勉強になりました。具体的で、細かい内容でした。「台本を超える」というのは僕も心がけている事でした。俳優としては、やはり徹底的な脚本分析とリサーチが重要だなと改めて認識しました。

(男性、30代)

 

内田監督が一人一人受講者の演技を丁寧に見てくださり、指摘して頂き、大変勉強になりました。三日間参加できず、とっても残念です。またの機会に受講したいと思います。今日で自分で自分に感じた事、疑問も見つかり、とっても有意義なWSでした。ありがとうございます。

(女性、30代)

 

ただお芝居をする事とカメラ前で芝居する事で、顔面の筋力の使われ方が全然違った。監督自身のやりたい事がとことん明確だったので、楽しい三日間になりました。

(男性、20代)

 

2回目も参加できて良かったです!自分の課題がよく分かるし、何よりこのWSを受けるとお芝居に対しもっと貪欲になるし、演技する事が楽しくなります。公開演出も受けれて本当に良かったです!追い込みを内田さんにギアかけてもらって、自分だけでは行けないところに持っていけて、刺激になりました。次は自分からもっと追い込めるように修行します。

(女性、30代)

 

最終日のみの参加でしたが、リハ、本番と現場と同じ流れで、より実戦的に臨めたので参加できて良かったです。撮影ありのWSは本当に良い経験になります。ありがとうございました。

(女性、40代)

 

少人数でやれるのでとても疲れました。シーンもハードだったので。内田さんのワークショップを受ければ受けるだけ難しさを感じて、自信が無くなるのですが、反骨心も湧いてきます。今回もクソー!!って気持ちを頂きました。また参加します。

(男性、40代)

 

今回は1日のみの参加でしたが、映像として自分がどんな風に見えているか、監督の感想も貰えるので、今度の自分の糧にできるとても良い機会でした。

(男性、20代)

 

咄嗟に感情を変えたり、もっと言われたことにすぐ応えて、更に自分なりのを出せるように考えたいところです…

(女性、30代)

 

 

第4回WSより

凄く大切な事を伝えて頂きました。もう一度、映像を見て勉強し直していこうと思いました。初めて演技をした時の楽しい感覚や目指したい演技の再確認にもなりました。初心忘るべからずでした。一人一人と向き合って、コメントを頂けて、次どうすればいいのか励みになりました。

(女性、30代)

 

口頭で既にお伝えし重複しますが…参加して良かったと思います。本気の映画人と出会えました。バランス良い料金設定、充実した内容(やり甲斐のあるテキスト、映像提供にアドバイス、公平性)など。そして、それらを展開・主催する内田さんと斎藤さんのコンビが出す雰囲気に進行。扱っているテキストはドロドロなのにWSの環境はほんわかと爽やか(笑)。良い意味で地味にコツコツと丁寧に親身になって映画を教えて頂きました。ありがとうございます。※監督を支える内助の功、斎藤さんの進行具合、カメラマン姿(何度も言いますが)のギャップが最高でした!カッコ良すぎ(笑)

(男性、40代)

 

今回は特にやはり2日目にやって頂けた公開演出の影響というか、得るものが沢山ありました。現場に行きたい気持ちが強くなりました。

(女性、30代)

 

映像の経験が殆どなく、不安が大きかったのですが、内田監督が丁寧に批評してくださり、とても勉強になりました。他の受講生の方々の演技や批評を聞けるのも、めっちゃありがたかったです!!

(女性、30代)

 

演技のことで的確に改善点を伝えてくれるのが良い。他の参加者の改善点も自分の糧となる。「熱量」「エネルギー」という今回のテーマも良かった。テキストを使用してのワークショップなのが良い。人となる映像を見せてくれるのが嬉しい。今回のWSの進め方は素晴らしいと思いました。また参加したいです。

(男性、30代)

 

密にアドバイスくれるのが良かったです。ネガティブ・否定的な事を言わないのも好感を持てました。

お体ご自愛ください。

(男性、30代)

 

自分の不足している部分を的確に言っていただけるので、すごく勉強になりました。

(男性、20代)

 

今まで人生で何ができて、何ができないのか、知りたかったです。それが少し知れた気になりました。

(女性、30代)

 

あっという間でした!内田監督のこだわりがわかって、有意義&素敵でした。台本も演じるシーン以外の部分も頂き、カメラも撮っていただき、光栄でした。

(女性、30代)

 

色々な発見がありました。映像を見て、今後に活かせればと思います。

公開演出のやり方の緻密さを、自分を持って考えていきたいです。

(男性、30代)

 

現場に沿った実践的なところがとても良かったです。

(男性、30代)

 

とてもスリリングでありながら、安心して参加できる空気がありました。

最後の公開演出は俳優がどういう変化をするのかなど、とても新鮮で参考になりました。

(女性、50代)

 

 

第3回WSより

すごく丁寧にしっかり物語を作っていく感じが良かったです。あと、エチュードから⼊るというのが初めてなので新鮮でした。

役の背景を理解した上で演じるとここまでリアルにできるんだと感動し、これから⾃分でもこの⼿法でやってみようと思いました。

(女性、20代)

 

今回のバックボーンを踏まえてのエチュードが⾯⽩かったです。

シーンを、作品を作っている様な感じがしたので。

(男性、30代)

 

登場⼈物の背景を読み取ってから、エチュードと台本、すごく勉強になりました。感情というのは、ただ表に出すのではなく、抑えながら、内に秘めての感情の出し⽅に難しさを感じました。

(男性、30代)

 

⼈物を創る上で10歳~18歳くらいのトラウマをシーンや作品の中で障害や葛藤にするというアプローチがすごく⾯⽩くて、もっと深めたいなって思いました。

(女性、20代)

 

キャラクターを深く掘り下げる事など普段は役者が⾃分で考え演じるのに、そのやり⽅など分かりやすく教えて頂いたので、とても役に⽴ちました。

(男性、20代)

 

楽しく勉強できました。

(女性、40代)

 

前回のメールで頂いた次への課題が役への取り組み⽅だったりという事だったので、今回の内容はとても嬉しかったです。

⼈物へのアプローチの⽅法を今までやってみいた事に早くここで勉強した事を実際作品に昇華できる⽇が来ればいいなと思いつつ…!笑。今回もありがとうございました。

(女性、30代)

 

2⽇⽬からの参加でした。即興が苦⼿なので、難しかったです。

3⽇⽬の台本は⾃分的に違和感のあるお芝居だったなと思ったので、早く映像を⾒たいです。

(女性、20代)

 

毎回とても⾯⽩いです。

⽬標としてるところが、とても難しいので、⾃分の苦⼿な部分など向き合える有意義なWSです。

(男性、40代)

 

丁寧に⾒て頂いて撮影もして頂いて、講評も後から頂ける、とても充実したWS で勉強になりました。

後で映像や監督コメントを頂くのが楽しみです。ありがとうございました。

(女性、30代)

 

 

第2回WSより

​いつも切り口が新しく本当に刺激になります。

映像、映画の見方がやはり面白く、勉強になります。

(男性、40代)

 

楽しかったです。

沢山の映画も知れて、勉強になりました。

(女性、20代)

 

セリフになってしまっていること、表現・表情について、課題をもらえてありがたく思います。

(女性、30代)

 

2回目の参加だったのですが、今回の方が個人的にすごく難しかったです。

消化しきれなかった部分もあり、出来なかった部分があったなど反省しています。

(男性、40代)

 

3日間すごく濃密で楽しかったです。

自然な芝居について、じっくり研究することができました。

撮影していただいた映像が楽しみです。

(女性、20代)

 

自己紹介の時にも少し話しましたが、本当に久しぶりの対話の演技だったので、話し方や居方が分からなくなっていたのですが、大切な事を思い出したり、心に残る大切にしたい言葉をいただけました。とても充実した3日間でした。ありがとうございました。

(女性、30代)

 

限られた時間ではありますが、その中で、とても丁寧に感想やダメ出しをして頂けて、ありがたかったです。

(男性、30代)

 

やっぱり、カメラを実際に使ってもらえるのは、とてもありがたかったです。

(男性、20代)

 

長いシーン5分ほどを前提としていて、他のワークショップにない醍醐味だと感じた。

そのための長回しを有効にするための自然さを重視した内容なのかと思っていた。役作りに十分なじかんを作れなかった。

自然さと役、どちらに比重を置けるか両立できるよう努力しなければいけないと感じた。

(男性、30代)

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

ワークショップについてのご質問やワークショップでやって欲しい事などありましたら、下記メールまでご連絡ください。

 

映像工房NOBU 問い合わせはこちら

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now