内田伸輝:監督、脚本、編集

 

1972年生まれ。埼玉県出身。

ドキュメンタリー『えてがみ』でPFFアワード2003審査員特別賞、香港国際映画祭スペシャルメンション授与。国内外多数の映画祭で上映される。

初長編劇映画『かざあな』は、第8回TAMA NEW WAVEグランプリ、ベスト女優賞をW受賞、ひろしま映像展2008グランプリ、企画脚本賞、演技賞をトリプル受賞、PFFアワード2008では審査員特別賞、バンクーバー国際映画祭コンペティション部門に正式招待。

2010年『ふゆの獣』は第11回東京フィルメックス最優秀作品賞を受賞、ロッテルダム国際映画祭コンペティション部門、香港国際映画祭、台北映画祭など国内外多数の映画祭で上映され、2011年7月、テアトル新宿他にて全国劇場公開される。

2012年長編映画『おだやかな日常』(監督、脚本、編集)長編劇映画4作目となる『さまよう獣』が2013年連続で全国劇場公開され、『おだやかな日常』は釜山国際映画祭にてワールドプレミア上映後、東京フィルメックス、ロッテルダム国際映画祭、テッサロニキ国際映画祭他、国内外多数の映画祭で上映、2013年10月に台北(台湾)にて劇場公開される。2014年6月、カナリア諸島地球環境映画祭2014にて最優秀作品賞。

『おだやなか日常』『さまよう獣』のDVDは、TSUTAYAなどでレンタル中。

最新作に『ぼくらの亡命』(2016年)東京フィルメックス、コンペティション部門ノミネート。

2016年長編映画『ぼくらの亡命』(監督、脚本、編集)が第17回東京フィルメックス コンペティション部門、第7回サハリン国際映画祭 コンペティション部門で上映。2017年7月、ユーロスペース他にて全国劇場公開した。

2020年夏に撮影した長編映画『女たち』では監督、脚本、編集を担当した。

2021年4月22日より開催のモスクワ国際映画祭 メインコンペティション部門に入選し、5月21日よりTOHOシネマズシャンテ他にて劇場公開。

◎講師歴

・トライストーン アクティングラボ

・ENBUゼミナール

・株式会社ワーサル

 

斎藤文:撮影、スチール、制作、カラーグレーディングなど

 

東京都出身。2005年よりフリーランスフォトグラファーとして独立。広告、雑誌、web撮影などを中心に活動中。

映像工房NOBUでは内田伸輝監督作品の撮影などに参加。​​

2021年春公開予定の長編映画『女たち』では撮影監督・監督補佐・脚本協力・カラーグレーディングを担当。

撮影など参加作品

『女たち』監督:内田伸輝(2021年)

撮影監督・監督補佐・脚本協力・カラーグレーディング担当

『52ヘルツの鯨』監督:阿部綾織(2018年) 

撮影監督・スチール・カラーグレーディング担当

『ぼくらの亡命』監督:内田伸輝(2016年)

プロデューサー・撮影監督・スチール・カラーグレーディングその他担当

『カミソリ』監督:新谷寛之 (2015年) 

撮影監督・スチール担当

『へげさ帰る』監督:岡奈穂子(2015年) 

撮影監督・スチール担当

『ろぼ』監督:星野慶太(編集中) 

撮影監督・スチール担当

『赤い森』監督:内田伸輝(2014年)

撮影監督・スチール・制作担当

『キエル』監督:内田伸輝(2013年)

撮影監督・スチール・制作担当

『おだやかな日常』監督:内田伸輝(2012年)

アソシエイトプロデューサー・Bカメ・スチール担当

『ふゆの獣』監督:内田伸輝(2010年)

プロデューサー・Bカメ・スチール、制作担当

『かざあな』監督:内田伸輝(2007年)

スチール担当

『温もり』監督:内田伸輝(2005年)

スチール担当